検索

スポンサード・アスリート&アンバサダー

当社では、当社の価値観を共有し、ブランドのエッセンスを体現してくれるスポンサー付きアスリートやブランド・アンバサダーとのパートナーシップを誇りに思っています。EASTWESTアスリートは、最高のパフォーマンスを発揮し、私たちが企業として目指すイメージを体現してくれています。彼らは実績と成功を収めているだけでなく、人格、献身、情熱を通じて、私たちの基本理念と理念を体現しています。彼らをチームの一員として迎えられたことを光栄に思うとともに、今後も彼らの業績を支援し、祝福していきたいと思います。

ウラチャ・ティーラワニツァン、ジャー

  • クロスフィット・フィッテスト・イン・タイランド 2015-2023
  • クロスフィット地域競技者 2015-2018、2021-2023
  • クロスフィット・ゲームズ予選 2019-2020
  • クロスフィット・クラブ49共同創設者

ジャーは彼女が到達した高みに到達するために、並外れた変身を遂げました。かつては「痩せた女の子」だった彼女は、筋力トレーニングに自信を見出し、今ではアジア全体でも数多くの実績があり広く認められているアスリートの一人である。ジャーは10年にわたりフィッテスト・イズ・タイランドを保持し続けている。

 

ジャーは2015年からフィットネスとクロスフィットのコーチをしており、クロスフィット・クラブ49の共同設立者、トレインドトルーパーズのマネージャー、栄養とライフスタイルのコーチでもある。現在、ISSAスポーツ栄養証明書(USAW)、Crossfit L-1、Opex Level 1 Sport Nutritionの資格を持つ。

  •  
#hashtag

サイモン・メリル

  • クロスフィット・フィッテスト・イン・タイランド(2021-2023)
  • タイ・スローダウン優勝(2023年)
  • バンコク・スローダウン準優勝(2022年)
  • バオバオ・ウエイトリフティング・カップ・シンクレア総合優勝(2022年)
  • 英国ナショナル陸上(400mハードル)
  • 英国国際ジュニア陸上(60m・110mハードル)

サイモンは4歳から12歳まで競技体操選手としてフィットネスの旅を始めた。学生時代はスポーツ奨学生としてラグビー、ホッケー、クリケット、陸上競技に打ち込んだ。

16歳から23歳までは陸上競技に専念し、複数の国内メダルを獲得、イギリス代表として何度も活躍した。

フィットネスに情熱を注ぎ、健康的な生活についての知識を分かち合うために、サイモンはより高い学問を追求し、スポーツ・パフォーマンス(理学士、理学修士)とPGCEサイエンスの学位を取得した。これにより、エリート・フィットネス・コーチとしての素晴らしい視点、経験、知識を得ることができ、学校でのスポーツ・コーチとしてのキャリアの扉が開かれた。クロスフィットというスポーツのエリート・アスリートでありながら、タイで3度の最上位に君臨している。

#hashtag

ロナルド・ハーヴェイ・ジュニア

  • 4×地域アスリート予選
  • 2015年アジア選手権3位 
  • トレーニンググラウンド創設者
  • ジムベルト創設者
  • バンコク・スローダウン・ディレクター

ロンはゴルフをプレーしていたNCAA陸上競技を通じてジム文化に初めて触れた。大学のフットボール部、体操部、野球部、バスケットボール部、陸上部、テニス部などのメンバーと一緒に汗を流すことで教育やモチベーションを受けてきた。

彼はその教訓を7年にわたるプロゴルフのキャリアに生かし世界を渡り歩き、クロスフィットへと辿り着いた。後進やアスリートへの指導ではゴルフとクロスフィットの精神的アプローチの重なりについて分かりやすく語り、フィットネス業界をより身近なものにするための問題解決に力を注いでいる。

#hashtag

内堀康裕

  • アジア選手権3位
  •  
  • 2017
  • -CrossFit Open 3rd in Japan
  • -Asia Championship 3rd 
  • 2018
  • -CrossFit Open 1st in Japan
  • 2020
  • – CrossFit Open 1st in Japan
  • 2021
  • -CrossFit Open 1st in Japan
  • 2022
  • -CrossFit Open 1st in Japan
  • 2023
  • -CrossFit Open 1st in Japan
  • -ZIPANG Masters  THROWDOWN 1st

数ある世界のレジェンドクロスフィッターと肩を並べる実力のヤスヒロはマスターズでのクロスフィット・ゲームスの夢を追い求める一方で、父親である彼は家族第一を常に考えている。15歳から意識しはじめた彼のフィットネスの道はエクササイズサイエンスを学んだアメリカ留学時代にインターンとして働いたクロスフィットジムでの経験とストレングスコーチとして様々な分野のアスリートをみてきた経験から始まっている。

常にアップデートを心がけながらこれまで培った知識とアスリートとしての経験を今ではヘッドコーチの立場から周りのコーチの育成と様々なフィットネスレベルの方々の上達の為に活かしている。

 

#hashtag

バンコク・フットボール・クラブ

BKK Renegades フラッグフットボールクラブ

  • 第3位 「AUFFCインビテーションカップ3」 BKK, TH
  • 第3位 「オータムカップ」 ベトナム・ホーチミン市
  • 第2位 「タイ予選」 BKK, TH
  • 第5位 「AUFFC IVC 4 国際版(13チーム)」 BKK, TH
  • 1位・3位 ※参加メンバー 「レパック・ランカウイ」 LGK, MY
  • 第2位 R4P 「ファースト&ゴール・ザ・シリーズ キャッシュトーナメント」 BKK, TH
BKK Renegadesは、2021年に設立された競技志向のフラッグフットボールクラブである。アジアで最も優れたフラッグフットボール・プレーヤーたちと対戦する国内外のトーナメントに参加し、タイ有数のフラッグフットボール・チームとして高い評価を得ている。初心者の選手からタイ代表の現・元メンバー、大学や高校の元選手まで、多様な才能とスキルを誇るチームだ。チームの目的は、競争力を維持しながらも、このスポーツに興味を持つ人々に普及と発展を図ることだ。フラッグフットボールの人気が世界的に高まる中、BKKレネゲイズはタイにおけるこのスポーツのコミュニティ拡大に尽力している
#bkkrenegades